熱海の森 静岡県熱海市

森と人のつながりをとり戻す、 地域の人びとと活動する里山再生。

山笑う・・・草木が萌え始めた、のどかで明るい春の山を表す季語です。
私たちの祖先が生活の拠点として守り続けてきた里山は、四季折々の景観と森の恵みで人びとの心を潤してきました。
静岡県熱海市の「Present Tree from 熱海の森」では、長年放置され暗い森と化した里山に手を入れて、再び明るさと豊かさが戻ってくることを目指し、地域の人々と一緒に活動していきます。

「Present Tree from熱海の森」は、皆様からの拠出金や寄贈に依り 私たちNPOで所有しています。
今後も多くの方々からの支援を募りながら、従来この保安林が果たしてきた 生物多様性や地球環境保全、水源涵養などの森林の公益的機能を修復し、 次世代に伝えていくために管理・保全していきます。


荒廃した暗い森を、明るく豊かな森へ

「Present Tree from熱海の森」の活動地は、温泉観光地として有名な熱海の中心街と伊東市の中間に位置する、熱海市下多賀地区にあります。多賀火山帯に隣接し、眼下には相模湾を眺望できます。
かつて薪炭やホダギの採取地として、近隣の人びとの生活と密着につながっていたこの森は、ほぼ半世紀にわたって放置され暗い森に変わってしまいました。
手入れをしながら大切な森の資源を使い続けるという循環が断たれ、台風等自然災害による倒木や鹿の食害などによって、鹿の忌避植物であるシキミ、ヒサカキ、ヒイラギ等の小中径木常緑樹やつる植物が生い茂り、陽光が差し込まなくなりました。
それだけではありません。下草も生えない痩せた土壌のこの森は、森林の公益的機能である水源涵養、また土砂流失防止といった大事な役割を失い、昆虫や鳥といった多様な生物を見かけることもなくなりました。
プレゼントツリーでは、このように機能不全となった暗い森を、春には「山笑う」(※)、秋には実り豊かな森として再生させたいと、2010年にこの地での活動をスタートさせました。
森林内の踏査・測量の後作業エリアの選定を行い、除伐・つる切り、作業道の整備をすすめ、2012年にようやくヤマザクラ、ヤマモミジ、コナラ、ホウノキなどの広葉樹を植樹することができました。
そして、陽光が差し込むようになった森林内には、実生の芽生えを見ることができます。
※山笑う:俳句の春の季語。草木が萌え始めた、のどかで明るい春の山の形容。


森と人とのつながりをとり戻す

「Present Tree from熱海の森」がもともとそうであった「里山」とは、集落、人里に接した山を、私たちの祖先が生活の拠点として守り続けてきたことにより、人間の影響を受けた生態系が調和している状態を指す言葉です。
生物多様性の増した森には、さまざまな対話や交流が生まれます。そして、森は私たちに豊かな恵みを与えてくれます。かつて私たちの祖先が経験した森からの収穫の喜びを、この森で再現したいと思います。
「Present Tree from熱海の森」では、山の幸の栽培を図り、苗木の里親やボランティアの方々とともに、里山の楽しさ豊かさを復元していきたいと考えています。

森の再生は地域とともに

プレゼントツリーでは、全国に散在する荒廃林の再生事業を「地域振興」事業として取り組む必要があると考えています。森の手入れだけを行っても、地元や周辺地域の人びとの森に対する継続的な想いや関心がないと、森はまた忘れ去られ、やがてまた荒廃に向かう危険があるからです。
本来プレゼントツリーのプロジェクトでは、森林のある地元の森林組合等森林施業のプロに保育管理をお任せしています。
しかしながら、「Present Tree from熱海の森」においては、すべて森林インストラクターをはじめボランティアの手による定例作業が実施されています。残念ながら、まだ地元の方々の参加は多くありません。
「Present Tree from 熱海の森」では、地元や周辺住民の方々に、記念日に樹を植えて苗木の里親になっていただくとともに、森の再生活動に少しずつ参加していただけるよう願っています。
また、この森が地元の方々のコミュニケーションの場となり、地元の振興につながる様々な活動の拠点となっていくことを期待しています。
こうしたことから、「Present Tree from 熱海の森」の「from」には、このプロジェクトがバタフライ効果を発揮し、当地を核として伊豆半島の森林再生を広げてゆきたいとの思いを託しているのです。

プロジェクト概要

目的:
里山再生、ナショナルトラスト
所在地:
静岡県熱海市下多賀弁慶嵐1578、1580-1
  • 活動地全景
  • 陽の差し込まない真っ暗な森
  • ボランティアによる除伐
  • 明るくなった森
  • 植樹の様子
  • 植樹イベントの集合写真
  • 植栽地の様子(2013年)
  • 「山笑う」イメージ
受付終了
受付終了
page top