結婚祝い・出産祝いなどの各種お祝いに。植林のギフトならプレゼントツリー

Home » プレゼントツリーとは » メディア掲載・プレスリリース

»企業の皆様へ »寄付の税控除 »お問い合わせ

お申し込み

プレゼントツリーのお申し込みはこちらから

メディア掲載・プレスリリース

«戻る

2017年7月25日 CSV Realの森
「Present Tree in みやぎ大崎」植樹イベント

活動実施日

2017年7月9日(日) 10:40 ~ 14:50

活動場所

宮城県大崎市鳴子温泉鬼首

参加人数

一般 130人、スタッフ23人

天候

晴れ

スケジュール

10:10 鳴子温泉駅にて受付開始~貸切バスで植栽地へ移動
10:40 開会式
11:00 植樹作業
12:15 昼食
13:15 ワークショップ(間伐材のコースター作りまたは自然林観察会)
14:50 閉会~貸切バスで鳴子温泉駅へ移動・解散

活動内容

宮城県大崎市鳴子温泉の鬼首(おにこうべ)地区にある植栽地で、第4回目の植樹イベントを開催しました。今回は、当地に植栽地を移してから、また大崎市「市民の森づくり」事業と共同での初めての開催です。
当日用意した苗木は、オオヤマザクラ300本、ミズキ・ヤマザクラ・ミズナラ・イタヤカエデ合わせて500本、計800本の広葉樹です。関係者含め約150名の参加者で、これらを植えました。
周囲を1,000m級の山々に囲まれた当地は、以前は牛の飼料の採草地でした。「Present Tree in みやぎ大崎」では、東日本大震災後に放置され荒地になっていたこの土地を、元々の豊かな広葉樹の森に戻していく活動をしています。
昼食は、地元鳴子温泉のお米「ゆきむすび」の美味しさが際立つ塩むすびと、地元産の野菜や山菜が入った豚汁。たっぷり汗をかいた体には、塩むすびと少し濃いめの味付けのお汁がとても美味しく感じられました。午後のプログラムは、地元の間伐材(スギ、ヒノキ)を利用したコースター作りまたは自然林の観察会。コースターは、紙やすりで表面をきれいに磨き、最後に大崎市ゆるキャラ「パタ崎さん」とPresent Treeのロゴの焼印を押して完成です。一方、宮城県内唯一の天然スギ林「自生山」観察会は、東北森林管理局の専門家さんによる解説付きで、参加者は様々な巨樹や樹種の豊かさに感動していました。
すべてのプログラムが終了後、参加者の多くが天然温泉の入浴を楽しみ、帰路につきました。

(左1段目)参加者は市内外から総勢約150名。晴天に恵まれ、気温30℃超えの真夏のような日でした。
(中1段目)親子3人で仲良く大きく育つよう願いながら、ヤマザクラの苗木を植えています。
(右1段目)昼食は地元のお米「ゆきむすび」の塩むすびと地元産の野菜や山菜がたっぷり入った豚汁。
(左2段目)地元のスギやヒノキの間伐材でコースターを作ります。
(中2段目)Present Treeと大崎市ゆるキャラ「パタ崎さん」の焼印を押して完成。
(右2段目)宮城県内唯一の天然スギ林「自生山」。巨樹や多様な樹種が見られる美しい針広混交林でもあります。
(右)Jeep様から参加者の皆様にお土産をいただきました。

参加者からの感想・コメント

・自然を守るという面だけでなく、地域に対してもよい影響があるのでとても良い活動だと思います。これからも応援していますし、また参加したいです。(神奈川県・20代女性)
・小さな苗木が長い年月をかけて木に成長することを、家族で学べて良かったです。(宮城県・30代女性)

主催者のコメント

今回は大崎市が2008年から実施している「市民の森づくり」事業との共同開催ということもあり、非常に多くの皆様にご参加いただいたことに大変感謝しております。
荒地を豊かな広葉樹の森に戻していくことの意義を多くの参加者の皆様にご理解いただくことができ、「また参加したい」との声も沢山いただけたので、私たちにとって今後の活動の励みになりました。
そして、本活動を通じて市外からと地元からの参加者の交流が深まり、リピーターが増えていくことで、大崎市や鳴子温泉地区がより元気になることを期待しています。一方、地元参加者にはまだまだPresent Treeの活動が知られていないように感じたので、市や地元の協働先の協力を得ながら、より多くの市民からもご支援いただけるよう、引き続きチャレンジしていきたいと思います。

クリックで拡大

クリックで拡大

本件についてのお問い合わせはこちら
お問い合わせ

このページのトップへ