結婚祝い・出産祝いなどの各種お祝いに。植林のギフトならプレゼントツリー

Home » プレゼントツリーとは » メディア掲載・プレスリリース

»企業の皆様へ »寄付の税控除 »お問い合わせ

お申し込み

プレゼントツリーのお申し込みはこちらから

メディア掲載・プレスリリース

«戻る

2017年7月10日 Sansan News Release
「Sansan」で取り込まれた名刺枚数に応じて木を植えるプロジェクト 「Scan for Trees」による植樹合計本数が1,000本を突破

クラウド名刺管理サービスを通して働き方を革新するSansan株式会社は、同社が提供する法人向けサービス「Sansan」で取り込まれた名刺枚数に応じて木を植えるプロジェクト「Scan for Trees」において、植樹合計本数が1,000本を突破したことを7月5日付で発表します。

「Sansan」は「名刺を企業の資産に変える」をコンセプトに、組織内の名刺をデータベース化して共有するクラウド名刺管理サービスです。2017年7月現在、導入社数は6,000社を超えています。同社は、サービスの成長に伴い昨年7月より「Scan for Trees」を開始しました。

■「Scan for Trees」とは

名刺は紙でできており、紙の原料は木です。「Scan for Trees」は、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」で取り込まれた名刺枚数に応じて植樹が必要な土地に木を植える、同社のサービスの原点である名刺を通じた取り組みです。本プロジェクトでは「Present Tree(※1)」の仕組みを通して、Sansanユーザーの皆さまによって取り込まれた名刺39,000枚(※2)につき1本の木を植樹します。
「Scan for Trees」では、同社の社会全体の課題に取り組むプロジェクト「NOW」の方針に基づき、会社の成長とともに身の丈に合った活動を継続することが大切であると考えています。「Sansan」で取り込まれた名刺枚数分の木は、10年、20年の時をかけて「名刺の森」になります。


※1 Present Tree
「人生の記念日に樹を植えよう!」を合言葉に、国内外の森づくりが必要とされている土地に樹(記念樹)を植えることで、森林再生と地域振興につなげるプロジェクトです。
企画・運営:認定NPO法人環境リレーションズ研究所 公式ウェブサイト:www.presenttree.jp

※2 名刺39,000枚
1本の木から作られる名刺枚数:環境リレーションズ研究所調べ

植栽地:岩手県宮古市について

岩手県宮古市は農林漁業が盛んで、三陸沖は世界有数の好漁場です。2011年に発生した東日本大震災による同市の被害総額は245,660,884千円に上り、沿岸部の漁業にも甚大な被害をもたらしました。
「Scan for Trees」では、同市山間部川井地区に位置する放牧地跡の「Present Tree in 宮古」植栽地に、地元植生の広葉樹を植えます。その土地はサケの遡上(そじょう)で有名な閉伊(へい)川の水源近くにあり、やがて木が生長し森となり、その森が育む豊富な栄養分を含む水は川から宮古湾に注ぎ込み、豊かな漁場を育てます。このように、森を育て守っていくことは、被災した漁業のまちの復興支援にもつながります。

■植樹の様子

岩手県宮古市、株式会社小林三之助商店、岩手県森林整備協同組合、認定NPO法人環境リレーションズ研究所の皆さまのご協力により、植樹活動に自社の社員・社員の家族が参加させていただいております。2017年の秋ごろには、社外の方も植樹活動に参加できる機会を設けることを予定しています。

■プロジェクト「NOW」/これまでの取り組みについて

Sansan株式会社は、社会全体の課題に取り組むプロジェクトを「NOW(なう)」と名付け、2011年10月より正式に制度化しました。下記のコンセプトに基づき、「Scan for Trees」のほか、NPO向けプラン「Sansan for NPO」の提供、東日本大震災における「名刺1枚1円の義援金」寄付などの活動を行っています。

(1)「いつか」でなく「いま」
いつか会社が成長してから・・・ではなく、いまから行動を始めることが大切だと考えます。
(2) 等身大の支援
支援は継続性も大切だと考えます。本来の事業活動を通じ、会社の成長とともに身の丈に合った支援を続けていきます。
(3) 企業理念を体現する
自社の企業理念を共有し体現できる活動を行います。

■クラウド名刺管理サービス「Sansan」とは

「名刺を企業の資産に変える」をコンセプトに、組織内の名刺をデータベース化して共有する法人向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナやスマートフォンアプリで読み取るだけで、独自のオペレーションシステムにより名刺情報が正確にデータ化され、クラウド型アプリケーションを通して組織内で名刺情報を共有・活用できます。組織的な業務効率化によるコスト削減と生産性向上による競争力強化を実現し、働き方革新に貢献します。導入企業は6,000社(2017年7月現在)を突破しています。
https://jp.sansan.com

【報道関係のお問い合わせ先】

Sansan株式会社 ブランドコミュニケーション部 広報担当:小池・溝野
MAIL: pr@sansan.com   TEL: 03-6316-3121  FAX: 03-3409-3133

※植樹実績や植樹活動の状況は、Sansan株式会社のWebサイト内で報告しています。
http://jp.corp-sansan.com/company/scan-for-trees.html

クリックで拡大

クリックで拡大

本件についてのお問い合わせはこちら
お問い合わせ

このページのトップへ