結婚祝い・出産祝いなどの各種お祝いに。植林のギフトならプレゼントツリー

Home » プレゼントツリーとは » メディア掲載・プレスリリース

»企業の皆様へ »寄付の税控除 »お問い合わせ

お申し込み

プレゼントツリーのお申し込みはこちらから

メディア掲載・プレスリリース

«戻る

2016年12月21日 福島民友
住民と防災緑地手入れ-広野 ボランティア宿泊交流

NPO法人広野わいわいプロジェクトは17・18の両日、首都圏からのボランティアを1泊2日の日程で広野町に受け入れた。参加者が沿岸部の「ひろの防災緑地」の手入れやコットン畑での収穫を体験、住民らと一緒に復興に向けたまちづくりに奉仕の汗を流した。
首都圏に住むボランティアとの交流活動は本年度3回目だが、宿泊するのは初めて。一行は、いわき市の常磐湯本温泉に宿泊した。
東京・新宿駅発着のバスを運行し、首都圏から訪れたボランティアと住民ら約30人が参加した。いわきおてんとSUN企業組合などが運営に協力した。
ひろの防災緑地や町内の二ツ沼総合公園では、参加者が草むしりに取り組み、環境保全に努めた。コットン畑で収穫した綿を使って「コットンベイブ」と名付けた人形作りに挑戦、かわいらしい作品を仕上げ、楽しい思い出を心に刻んだ。

クリックで拡大

本件についてのお問い合わせはこちら
お問い合わせ

このページのトップへ