結婚祝い・出産祝いなどの各種お祝いに。植林のギフトならプレゼントツリー

Home » プレゼントツリーとは » メディア掲載・プレスリリース

»企業の皆様へ »寄付の税控除 »お問い合わせ

お申し込み

プレゼントツリーのお申し込みはこちらから

メディア掲載・プレスリリース

«戻る

2015年7月 読売新聞の社会貢献活動
自然環境のために 読売の森

新聞は「リサイクルの優等生です」。読売新聞の販売店数店が1972年(昭和47年)、読者の要望に応えて古新聞の回収を始めました。2015年4月の調査では、東京本社管内で月間2万1806トンもの新聞古紙を回収しました。読売新聞は古紙混入率が約7割の新聞用紙を使用しています。
さらに、13年からは、読売新聞東京本社と読売新聞販売店、古紙回収業者でつくる「読売リサイクルネットワーク」(YRN)が、古紙回収の売上の一部を認定NPO法人「環境リレーションズ研究所」(東京)の植樹活動に寄付し、「読売の森」を育てる事業を始めました。岩手県宮古市の「読売の森」で、13年に100本、14年に1000本の広葉樹の苗木の植樹を行ったのに続き、15年には国内2か所目となる「読売の森」を山梨県甲斐市に設け、1000本の広葉樹の苗木を植樹しました。
今後も各地に「読売の森」を広げていく予定です。

※写真のキャプション
(上)牧場跡地に植樹する参加者(2013年10月、岩手県宮古市で)
(下)急しゅんな斜面に植樹するYC所長ら(2015年5月、山梨県甲斐市で)

クリックで拡大

本件についてのお問い合わせはこちら
お問い合わせ

このページのトップへ