結婚祝い・出産祝いなどの各種お祝いに。植林のギフトならプレゼントツリー

Home » プレゼントツリーとは » メディア掲載・プレスリリース

»企業の皆様へ »寄付の税控除 »お問い合わせ

お申し込み

プレゼントツリーのお申し込みはこちらから

メディア掲載・プレスリリース

«戻る

2015年7月 イムラ封筒 環境報告書
特集2 Present Tree Diary プレゼントツリー日記

特集2 Present Tree Diary プレゼントツリー日記 プレゼントツリーの植林イベントに行ってきました!

2014年10月に認定NPO法人環境リレーションズ研究所主催の植林イベント「プレゼントツリー in 宮古」に参加してきました!

イムラは昨年、プレゼントツリー in 宮古を通じて、宮古の牧草地跡に植林を行いました。
現地の様子を是非見てみたいということで、今回環境報告書の前編集長である私、河合が現地に赴き、実際に植林を体験してきました。※今回の植林分はイムラが寄付を行った分ではありません。
当日は台風が近づいており、天気が心配されましたが、なんとか雨も降らずに植林を行う事ができました。
牧草地跡は高地にあり、使われなくなってから時間が経ってしまっているため、樹木が育たず、熊笹だけが生い茂っていました。それを地元の林業家の方が植林前に整備をしてくださり、その上でプロの指導のもと、(1)植林用の鍬(くわ)で熊笹の根を切りながら、(2)1本ずつ丁寧に植林を行っていきました。
1本の木を切り倒すのは一瞬でも、この小さな苗木が大きな森になるまでにはどれだけの時間がかかるのだろうか、と考えながら植えていると、計画的な森の整備や保護の重要性が大地から伝わってくるようでした。(ちなみに、苗木が下草刈りなどの世話をせずに育つようになるには3~5年必要とのことです)
植林後には、付近の山林を地元ガイドの方にご案内いただくなど、岩手の自然を満喫できた1日となりました。このように植林地をよく知ることで、さらに愛着が湧き、私の植えた木がどのように育っていくかとても楽しみになりました。
お世話になりました皆さまどうもありがとうございました!!

昨年植えていただいた木
イムラが寄付してから1年が経過しました

思った以上にまだ頼りなく、雨風などで倒れてしまいそうな様子に、とても心配ですが、森は1日では成らず!だからこそ地元の林業家の方のサポートが何よりも重要であり、頼りになるのだと実感しました。これからも私たちにの大切な木をどうぞよろしくお願いいたします!!

クリックで拡大

本件についてのお問い合わせはこちら
お問い合わせ

このページのトップへ